body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

イライラ

「人によって態度が変わる人」

ああ完全に舐められているのか… 何がって? 人によって態度がコロコロ変わるって何なん?と思う事は無いだろうか。 おそらく誰でも人前では良い人でいたいと思う。 それは自然な感情だと思う。 好意的に想っている人の前ではなおさらか…笑 まあ誰にでも、人…

「小雪」

11月22日、今日の暦は「小雪」「冷えるがゆえに雨も雪となりて下るがゆえなり」初雪が舞い始めるとされる頃だが名残の紅葉が楽しめる時期だという。今日から小雪って言うけれど、まだまだ日中は暖かいし、時々日差しが差し込むので顔なんか熱くなる時がある…

「ストレスと鬱病」

人は悲しい事があれば、泣いたり落ち込んだりして気分は沈む。 ついには、やる気も無くなっていくものだ。 ところが、鬱病は普段感じる一時的な気分の落ち込みなどは関係ない。 動く気力さえ無いほどのつらく沈んだ気分、そして、今までの興味や喜びの喪失が…

「熱中症に注意」

梅雨が明けて、今年もやって来たこの時期。 猛暑が始まる、熱中症に注意しなければならない。 総務省の調べでは、先日の救急搬送者は約3200人。 これを見て驚いた、そんなにいたのかと… こよみでは今日は「立秋」(りっしゅう) 暦の上では、秋の始まり、更に…

「多弁は詭弁」

口数の多い事を「多弁」と言うが、同じ様な意味の言葉で「饒舌」と言うのがある。 これを並べて「饒舌多弁」と言う四字熟語がある。 口数が非常に多い。「饒舌」と「多弁」はどちらもよく喋るという意味で、似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。 誉め言葉の…

「負けず嫌いな人」

会議やミーティングをしていると、色んな意見が出た場合に、時として会話がヒートアップしてしまう事もあるのだが、そんな時、思わず、それって負けず嫌いでは無いかと感じてしまう時がある。 そこで、負けず嫌いな人の対処法として自分がよくやっている方法…

「仕事上でも良くある」

嫌味は、その言葉の如く相手を不快にする。 悪口と少し似ている気もするがやっぱり違う。 悪口は「アホ」「キモイ」「臭い」など、ストレートに他人を悪く言うので分かり易い。 嫌味の場合は「遅出ばかり入って大変ね」「あなたに任すと速いけど雑ね」「歳の…

「固定概念を拭い去る必要性」

世の中には、様々な考えがあり「これが正解だ」とはっきりしている事はそんなに多く無い。しかしながら年齢を重ねると、自分の考えは正しいという思い込みが多くなる。つまり「こうあるべきだ」という固定概念が強くなりがちで厄介なのはこれが段々と激しく…

「憎きコロナウィルスめ」

ああメンタルがやられ気味… 小麦よ、また私を癒しておくれ… 今日は、宿直、明日、遊ぼうぜと勝手に私が約束をする。 お前の好きな「カシャカシャびょんびょん」で鬼ごっこしようぜ。【カシャカシャビョンビョン】https://youtu.be/NwkX7_arnOE 好きな玩具だろっ。 あの…

「小麦のお陰でメンタル回復」

コロナ自粛でmentalがやられ気味だが… 茶トラの小麦ちゃんに相手してもらっている。 メスなのでオスよりもツンデレがある。 でも、ごめんよこっちはデレデレなのだ。 可愛いくて癒される。 昔、犬を飼っていた事があったが、猫は初めてだ。超可愛い、特徴を…

「あなたならどう考える」

不器用な生き方。正義感の強いあなたへ送る生きるためのヒント。車が来なくても信号が青になるまで待つ人へ。【電子書籍】[ 袴雪乃 ]楽天で購入 人は誰でも嫌な事や危険なことに巻き込まれたいと思わないし、リスクを冒さない。 殆どの人は自分に関係ない事…

「正義感の強すぎる人」

ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人【電子書籍】[ 梅谷薫 ]楽天で購入 様々な職場において、多かれ少なかれ存在する正義感が強すぎる人。 正義感の強すぎる人の特徴は 「人との約束と時間は必ず守る」 「ウソはつかない」 「不正を許せない(小さくて…

「高圧的な態度」

体育会系上司 - 「脳みそ筋肉」な人の取扱説明書 -【電子書籍】[ 榎本博明 ]楽天で購入 今の時代なら、パワハラで終了、はい解決という流れになる。 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす人が居た場合には…という話だが。 友達や知人だと縁を切ることができ…

「自己肯定感」

トラウマと記憶 脳・身体に刻まれた過去からの回復/ピーター・A・ラヴィーン/花丘ちぐさ【合計3000円以上で送料無料】 ネガティブからポジティブへと考え方を変える時。 ネガティブからポジティブへと考え方を変えるには、一段階上のレベルから物事を見る…

「深読みしてしまう自分」

ああやれやれ、又やってしまった… 考え過ぎというやつだ… 職場によく舌打ちをする人がいるのだが、時として ひょっとしたら舌打ちすることで「困っているから助けてほしい」又は「相談に乗って欲しい」のだと深読みさせられる時がある。 周囲に訴えていると…

「やはり予感的中」

どんな職場にも「不機嫌」を撒き散らす人はいるものだ。私の嫌な予感は結局当たってしまった。 不機嫌な人の始末が悪いのは、不機嫌というのは伝染していくこと。 その人の不機嫌で職場全体がいやな雰囲気になってしまうのはごめん被るわけだ。 そんな不機嫌…

「波乱の予感」

プロの調査員が教える! 介護事業所・施設の選び方が本当にわかる本 頼れる施設の見分け方 [ 福岡 浩 ] 先日、自分の勤める老人ホームに、顔見知りの介護士が新しく入って来た。パートの私とは違って正社員として入社されたから人手不足で正職員を欲しがって…

「上司が舌打ちする時」

イライラのおさめ方心を整えるための心理学【電子書籍】[ 加藤諦三 ] 確かに私は、中間管理職だから実際、上にも下にも気配りをする。 だから、自分が舌打ちする時は部下から見れば「上司が舌打ちしてるぞ」という事になる。 だがしかし、そういう自分も自分…

「舌打ち」

【中古】 「話が通じない相手」にイライラしない心理学 対人関係のストレスをとるヒント / 加藤 諦三 / 青春出版社 [単行本]【宅配便出荷】 今日、同僚に舌打ちをされた。 業務中の出来事ながら仕事の段取りの打ち合わせにもかかわらず「チッ!」とあからさ…