body&mental care support diary

心と体のバランスを大切にするブログ

行動援護

「3密を避けた支援」

昨日の暦は「芒種」 「芒ある穀類、稼種する時なればなり」 芒(のぎ)とはイネ科植物の穂先にある針状の毛 のこと。 稲などの種まきの敵期とされている。 さて私はというと、今日は行動援護の日。 コロナの影響で緊急事態宣言の延長で外出支援をする適期では…

「三寒四温」

昨日の行動援護の仕事に思う事。 蜜を避ける為、山手の方へ散策するといったプランを決行。 天気は晴れ晴れとした快晴、気温は19度前後と暖かく山登りをしたら汗だくになった。 朝から晩までだと着る服の調整が難しい… 出来るだけ両手はあけておきたいし、荷…

「注意深くそして見守る」

昨日の疲れを今日に持ち越した。 ふくらはぎの筋肉痛がまだ治らない。 両足のかかとも若干の痛みあり。 15キロ以上は歩いただろうか、万歩計では23200歩 だった。 散策と休憩、あちこち寄り道を織り混ぜながら7時間のサービス。 出来るだけ蜜を避けた所を選…

「コロナ対策を練った支援」

自閉症を伴う最重度な知的障害者を強度行動障害者 と言う。 強度行動障害とは、言語が話せない、自分の体を叩いたり食べられないものを口に入れる、危険につながる飛び出しなど本人の健康を損ねる行動、他人を叩いたり物を壊す、自傷他傷行為が著しく、大泣…