body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

「乾燥肌のボディケア」

乾燥肌のボディケアは、まず「洗う」そして「つかる」といったところから意識。

まず「洗う」について。
アレルギー反応を起こしにくく、柔らかい素材のものを選ぶのがよい。綿のタオルなどが有効だろう。
からだを拭くときも強くこすらないのがコツ。手のひらで優しく撫でるのもよい。
しっしんや赤みがひどいときは皮膚科専門医に相談する。
無理はしない方が良い。
ちなみに、汗や皮膚表面の汚れは肌への刺激になるのできちんと落とすことが大切かなと思う。
そして、当然ながら、ナイロンタオルやアカスリタオルなどで強くこするのは絶対にしないこと。
必要以上に皮脂が取れてしまい、肌は更に乾燥してしまうので、気をつけておく。

石けん、ボディソープの選び方も知ったお方が良いのかも…
スクラブが入ったものや爽快感のあるものなどは避けた方が良さそうだ。
いろいろな石けんやボディソープの種類があるので、乾燥肌の人はできるだけ低刺激性のものを選ぶようにしたい。
皮脂をおとしすぎないように洗浄力がコントロールされた洗浄剤がベストだろう。
石けんなどの洗浄成分が肌に残っていると、かゆみや炎症の原因になってしまうので、すすぎも出来るだけ丁寧にすること。使い心地や泡立ちなども気になるところですが、肌に成分が残りにくく、すすぎ落ちがよい石けんを選ぶことも重要なポイントです。

そして「つかる」について。
基本的にバスタブにゆっくりつかること。早く動かない。
時間は10分ぐらいが良い。
血行がよくなり、全身もリラックスさせる効果があり、とても落ち着ける。
また皮膚の汚れも落ちやすくなるし、入浴後は保湿剤も肌に浸透しやすくなる。
気をつけたいのが、お湯の温度。
お湯の温度は38度~40度が良い。
つかるのは、先にも述べたが10分程度で、からだを温めすぎないことが大切だ。

f:id:masaki6379:20191110105316j:plain