body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

「入浴とスキンケアの素朴な疑問」

入浴とスキンケアの素朴な疑問について書きたいと思う。 例えば、肌がカサカサしているときのお風呂は? そういう時は、カサカサの肌には水分が不足しているだろうから、上手に入浴して乾燥を防がなくてはならない。 皮脂に近い成分を配合した入浴剤を使うと、洗浄によって失われた皮脂を補うことができまる。 荒れ症や乾燥肌、アトピー性皮膚炎やお年寄りの皮脂欠乏性皮膚炎などは、一般的に皮膚の抵抗力が弱まっている状態なので、低刺激性のものを選ぶことが大切になる。 使ってもよいか迷うときは医師に相談すること。 かゆみがあるときに、気をつけることとは? かゆみを我慢できずについついかいてしまうと、当然ながら、皮膚の状態は悪くなるだろう。 からだが温まると、かゆみを感じやすくなることも分かっているのだから、やはり熱いお風呂に入ったり、温熱効果の高い入浴剤を使うことは避けたい。 かゆい部分だか、冷やした方がかゆみを感じにくくなるので、効果的かと思う。 湿疹ごあるときは、温泉につかっても大丈夫なのだろうか? 皮膚が汚れたり菌が増えたりするとしっしんが悪化すると思う。肌を清潔にするために毎日入浴するのはいいことだとは思うが、温泉に入ることは、かゆみを感じやすくなる。 温熱成分や皮膚を乾燥させる成分の入った温泉は避けた方がよいと思う。 入浴後のスキンケアのポイントは? 顔を洗ったあと化粧水や乳液をつける。同じように、からだを洗ったあともスキンケアが必要だ。 湯あがりのやわらかく吸収力のある肌に、洗い流されてしまった皮脂の役割をする保湿剤を塗って、水分の蒸発を防ぎたい。湿疹、炎症のような症状のある人は、まずは、必要な外用薬を塗ることが大事だと思う。 なぜなら、これを忘れると病気が悪くなるからだ。 最後に、薬とスキンケア製品の使い分けは? 外用薬は病気の症状に応じて処方されるものなので、治療が必要な場所に決められた用法・用量で使用。 その一方では、スキンケア製品は健康な肌を保つためのものだから、いつでもどこにでも使うことができるのではないか。 上手な薬の塗り方は? 薬の効果をきちんと得るには適量を正しく用いることが大切。人差し指の先から第一関節までの長さに出した量(1FTU)で大人の手のひら2枚分の広さがひとつの目安。 ベトつきが気になるようなら、手のひらで軽く押さえるようにしてなじませらと良い。 f:id:masaki6379:20191111003605j:plain