body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

「陰口を叩かれても全ての人が味方ではない」

これは、先ずは、完全や完璧というものはないと認識して、職場で陰口を叩かれても、「すべての人が味方ではない」とあらかじめ考えておこうという事。

 具体的に数字で表すと、職場で自分の事を2割の人が自分の考えに味方をしてくれていて、2割の人から逆に嫌われているだろうと考えておく。

じゃあ残りの6割はどうなるのだ?

それは、自分しだいで味方になってもらえるのか、もしくは敵にもなるうるのかという人材だという事である。

つまり、普通に考えて例外を除き、すべての人に好かれるということは、まず無い、いや、できないので、陰口を叩かれたときであっても余裕を持って対処できるようにしておくと良い。

例えば、野球なんかは3割の打率を残せれると、優秀な選手だと言われている。

この例を職場にも当てはめて考え、すべての人に好かれることは考えずに、それよりは、陰口を叩く人は常にいるものだという程度に考えておけば、そういった人間に振り回されることは無いだろう。ブレる事もなく仕事に集中すれば良い。

この3割程度といのがポイントだ。

f:id:masaki6379:20191212212425j:plain

f:id:masaki6379:20191212211531j:plain