body&mental care support diary

心と体のバランスを大切にするブログ

「血管性認知症」

<血管性認知症>

血管性認知症は、脳梗塞や脳出血によって発症する。脳の場所や障害の程度によって症状が異なる。

出来る事出来ない事がハッキリ分かれる。

手足の麻痺などが起きる場合もある。

<原因>

脳梗塞や脳出血で脳血管に障害が起きると、その周囲の神経細胞がダメージを受ける為起こる。

<主な症状や進行度>

<認知機能障害>

マダラ認知症やせん妄が起きて突然悪化する。

<BPSD(行動心理状態)>

意欲、自発性の低下。

落ち込む事もあり感情起伏が激しくなる。

<身体面の症状>

脳血管障害により手足に麻痺や感覚の障害など神経症状が現れる事かある。

ダメージの場所により、言語障害などが残る。

f:id:masaki6379:20200208174111j:image

<対応のポイント>

本人が無理しなくても楽しめる事から始める。

色々な誘い方をしたり誘う人を変えてみる。

介護保険のデイサービスを利用する。

リハビリがとても大切だと覚えておく。

<まとめ>

つまり意欲低下で日中の活動が減ると不眠や昼夜逆転生活になるので「規則正しい生活習慣」作るのがポイントになってくる。

以上の事を踏まえて仕事に臨むべし。

f:id:masaki6379:20200208174734j:image