body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

「アシダカグモ」

同僚がまだ若い頃、住んでいたアパートでの話。

家の中に突然、手の平ぐらいはあろう大きさのアシダカグモが出現したのだそうだ。

その大きな姿に仰天した彼は、一体何なのだこの蜘蛛は‼︎

この家の主かと漠然と思ったらしいが、何を思ったか自分自身も良く分からず、急に殺してやろうという衝動にかられ追いかけたのだそうだ。

でも想像以上に動きが速くジャンプをしてカサカサと、キッチンの方へ逃げた蜘蛛は、とうとう冷蔵庫の裏へと消えたそうだ。

だがしかし、彼は、これをむしろチャンスだと捉え

追い込めると思い、冷蔵庫を思いっきり揺らしたのだそうだ。

数秒、渾身の力で冷蔵庫を揺らす彼…

何気なく足元を見る…その瞬間、彼は倒れて気絶したのだそうだ。笑笑

何があったのかって?

その時、自分の足の上に紛れも無くその巨大なアシダカグモが乗っていたからだったのだ。

揺らした冷蔵庫の下から、這い出て来たであろうあの蜘蛛が、たまたまなのか、反撃出て来たのかは分からない。

ただひとつ言えるのは、同僚は、まさかの自分の足の上に巨大なアシダカグモが乗っていたという現実に間違い無く衝撃を受けたという事、そして又しても気絶してしまったという事実。

今では笑い話のひとつとして楽しそうに語る彼が、まるで純粋な少年の様に見えるのだった。

笑笑

アシダカグモは、ゴキブリなど害虫を、食べてくれるありがたいクモ、見た目は確かに圧倒されるが、毒も無い害の無いクモ。 f:id:masaki6379:20200903211921j:plain