body&mental care support diary

I am quatraple worker. 心と体のバランスを大切にするブログ

「大寒」

本日の暦「大寒」

「冷ゆることの至りてはなはだしき時なればなり」

一年で一番寒さが厳しくなる頃、この時季を乗り越えれば春は近い。

連日、コロナ感染について、メディアでは報道が続いているが、私の暮らす地域でも先日、緊急事態宣言が発令された。

不要不急の外出の自粛をする毎日だ。

冬の感染対策について、湿度が低いと飛沫が飛び易く、感染リスクが高くなるのを防ぐには、飛沫は病原体を水分が覆っていて重いので、1.5m先くらいまでしか飛ぶ事が出来ないらしい。

湿度が低いと蒸発し易いので軽くなり、下に落ちず、空気中に漂ってしまうので、感染し易くなる。
湿度は、少なくて50%、出来れば60%以上に保つと良いらしい。

自分が出した飛沫が気になるが、もし自分が出した飛沫を吸い込む事で体内のウイルス量が増えて発症してしまう事はあるのか…
自分が吸い込む事でウイルスが増殖して発症する事は無いので心配ないらしい。
1人暮らしの場合は「家にウイルスを持ち込まない」「体内に入れない」を守れば大丈夫だそうだ。

流行期は感染対策の方が大切だから温度と湿度を高くして過ごすようにするべし。
ウィルスは温度湿度ともに低い方が活性化する。
例えば換気を短時間で済ませたい場合、窓側に向けてサーキュレーターを使い空気の流れを多くしたり二方向換気をして空気の入れ替えをすると良い。

消毒は、アルコール濃度が70%以上のものを使うようにすると良い。
もっとも人体に使う消毒薬は、安全性も担保されている手指用を使う事だ。

f:id:masaki6379:20210120165737j:image