body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

「ワーキングメモリが活性化される理由」

運動をすると何故、脳のワーキングメモリは活性化されるのか…

運動をすると体全体の血流がよくなり、脳を巡る血液量も増えるからだ。

ワーキングメモリの中枢である「前頭前野」や記憶を司る「海馬」は元々、血液量が特に多い場所だから、ここの血流が低下すると老化は進行が早くなり易い。

だから、それを防ぐためにも日常的な運動が欠かせなかなってなるのだ。

様々な研究結果を総合的に判断すると、具体的には、多少汗ばむくらいの早歩きを1回20分程度、これを週に3回以上続けるのが効果的なのだそうだ。

他には、エアロビクスなども有酸素運動なので、十分OKだと言われている。

又、運動を行う時、日光を浴びて運動するとより効果的だ。

これは、光を浴びると認知症の発症率を下げるビタミンDの合成が促されるからで、ビタミンDには、うつ病のリスクを下げる効果もあるから、特に日中の屋外でのウオーキングを習慣化しておくと良い。

食事において、イチゴやブルーベリーは何故脳の活性化に良いのか…

これは、抗酸化作用が認知機能にプラスに働くからだ。ビタミンDは不足すると認知機能の低下が早まるという報告もある。

魚を積極的に食べたり、日光に当たったりしてビタミンDをしっかり補うのが良い。

最新の研究では、腸内細菌と認知機能との関係も指摘されているらしい。

脳の為にも腸内環境を良くしておくべし。

ブルーベリー サプリメント 約3ヶ月分 送料無料 サプリ サプリメント アントシアニン などの ポリフェノール 配合 ルテイン と相性◎ スマホやパソコンの使用が多い方にオススメのデジタルケア オーガランド 口コミ 評判 低価格 【M】 _JB_JH

f:id:masaki6379:20200208193402j:image