body&mental care support diary

I am quatraple worker. ハードワークをこなす為の心と体のケアを実践して行く。

ハラスメント

「多弁は詭弁」

口数の多い事を「多弁」と言うが、同じ様な意味の言葉で「饒舌」と言うのがある。 これを並べて「饒舌多弁」と言う四字熟語がある。 口数が非常に多い。「饒舌」と「多弁」はどちらもよく喋るという意味で、似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。 誉め言葉の…

「負けず嫌いな人」

会議やミーティングをしていると、色んな意見が出た場合に、時として会話がヒートアップしてしまう事もあるのだが、そんな時、思わず、それって負けず嫌いでは無いかと感じてしまう時がある。 そこで、負けず嫌いな人の対処法として自分がよくやっている方法…

「仕事上でも良くある」

嫌味は、その言葉の如く相手を不快にする。 悪口と少し似ている気もするがやっぱり違う。 悪口は「アホ」「キモイ」「臭い」など、ストレートに他人を悪く言うので分かり易い。 嫌味の場合は「遅出ばかり入って大変ね」「あなたに任すと速いけど雑ね」「歳の…

「慢心だと気が付かない人」

われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお人好しなのか 進化心理学で読み解く、人類の驚くべき戦略 / ウィリアム・フォン・ヒッペル 【本】 職場には、様々な性格や人柄をの特徴を持つ人が居るが、自分を過信している人はどうか。 ここで、過信に関係している言葉…

「アメとムチ」

営業を仕組み化し、部下のやる気を最大化する、最強のチーム創り ザ・マネジメント【電子書籍】[ 杉山大二郎 ]楽天で購入 アメとムチという言葉があるけれど… 例えば、仕事でいう「アメ」とは成功したときの報酬、ならば、「ムチ」とは失敗したときの罰とし…

「あなたならどう考える」

不器用な生き方。正義感の強いあなたへ送る生きるためのヒント。車が来なくても信号が青になるまで待つ人へ。【電子書籍】[ 袴雪乃 ]楽天で購入 人は誰でも嫌な事や危険なことに巻き込まれたいと思わないし、リスクを冒さない。 殆どの人は自分に関係ない事…

「高圧的な態度」

体育会系上司 - 「脳みそ筋肉」な人の取扱説明書 -【電子書籍】[ 榎本博明 ]楽天で購入 今の時代なら、パワハラで終了、はい解決という流れになる。 思い通りにならないとすぐ怒鳴り散らす人が居た場合には…という話だが。 友達や知人だと縁を切ることができ…

「注意すると黙り込む人」

会話で人をひきつけましょう ユーモア話術 DVD楽天で購入 軽く注意しただけでも黙り込む人は、だんまり君などと良く言われていたりする。しかし、だんまり君は一言でいうとおとなしい人、話しかければ答えてくれるが、その必要がない限り自分から話をするこ…

「ワークスタイル」

【中古】 もう「できる人」はやめよう 人の数だけ仕事のスタイルはある / 青木 淳 / ダイヤモンド社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】 仕事をするには多少、無理しなければならない時が必要な時はある。 だが、ハッキリ言って無理をしない事。 こ…

「自己肯定感」

トラウマと記憶 脳・身体に刻まれた過去からの回復/ピーター・A・ラヴィーン/花丘ちぐさ【合計3000円以上で送料無料】 ネガティブからポジティブへと考え方を変える時。 ネガティブからポジティブへと考え方を変えるには、一段階上のレベルから物事を見る…

「やはり予感的中」

どんな職場にも「不機嫌」を撒き散らす人はいるものだ。私の嫌な予感は結局当たってしまった。 不機嫌な人の始末が悪いのは、不機嫌というのは伝染していくこと。 その人の不機嫌で職場全体がいやな雰囲気になってしまうのはごめん被るわけだ。 そんな不機嫌…

「波乱の予感」

プロの調査員が教える! 介護事業所・施設の選び方が本当にわかる本 頼れる施設の見分け方 [ 福岡 浩 ] 先日、自分の勤める老人ホームに、顔見知りの介護士が新しく入って来た。パートの私とは違って正社員として入社されたから人手不足で正職員を欲しがって…

「舌打ち」

【中古】 「話が通じない相手」にイライラしない心理学 対人関係のストレスをとるヒント / 加藤 諦三 / 青春出版社 [単行本]【宅配便出荷】 今日、同僚に舌打ちをされた。 業務中の出来事ながら仕事の段取りの打ち合わせにもかかわらず「チッ!」とあからさ…

「トラウマを乗り越えるには」

健康 精神 安定 不安症 怪我 病気 トラウマ 払拭 克服 healing ネックレス タリスマン アクセサリー 魔術 ペンダント 願望 お守り おまじない 送料無料 持ち歩きに 便利な ポーチ付き トラウマは、心に傷を負う。 過剰なストレスの蓄積から心に傷がつく。 見…

「トラウマと傷の深さ」

【中古】トラウマ 「心の後遺症」を治す 新装版/講談社/デ-ヴィド・マス (単行本) トラウマとは、ストレスによって心に傷を負う事を言うが、先日のある人との会話から…自分の親の借金が火の車だった約20年前、夜遅くまで仕事をして疲れて帰宅中でも毎日電話…

「働き方を考えてみる」

自分らしく要領よく仕事をしてなぜか評価されるズルい働き方【電子書籍】[ 濱畠太 ] 働き方そのものを考えてみる…どうしても仕事が続かない時は、いっそ働き方そのものを考えてみる。どうしても仕事が続けられない人の中には例えば職場に未来を感じない、人…

「辞めてしまうくらいなら休みを貰おう」

【中古】 あたりまえを疑え。 自己実現できる働き方のヒント /澤円(著者) 【中古】afb 仕事に人間関係に得意先に、その他色々疲れた時は有休を取る?うん?いったいどういう事だ?それは、至ってシンプル。疲れて頑張れない時はしっかり休む、これだけ。そ…

「ストレスを逃す方法」

「心の悲鳴、ケアできてる?」ストレスルーサポート 150粒入 サプリメント エゾウコギ アダプトゲン コルチゾール 副腎疲労症候群 疲労感 GABA ストレス 無気力 解消 発散 男性/こども併用◎ 店舗内2個以上購入で送料無料 仕事が続く人は、およそストレスを逃…

「陰口を叩く人にならない為には」

凡人同士の足の引っ張り合いから抜け出す方法。妬み、陰口、いじめを避けて出世競争に勝つ。10分で読めるシリーズ【電子書籍】[ MBビジネス研究班 ] これまで、陰口を叩く人の対処方法について考えてきたが、反対に自分が陰口を叩く人にならないようにするこ…

「陰口を叩く人に真意をただす?」

悪口をバネに成長する。理不尽な陰口・悪口への対処法。まず聞く価値があるのか見極める。【電子書籍】[ 上杉有 ] 陰口を叩く人には基本的には関わらないことが大切だと以前に書いた。 でも、もしもいつまでも陰口をやめない人がいる場合は、その人に対して…

「陰口を叩かれても全ての人が味方ではない」

おもしろTシャツ 悪口はいいけど陰口はダメ ギフト プレゼント 面白 メンズ 半袖 無地 漢字 雑貨 名言 パロディ 文字 これは、先ずは、完全や完璧というものはないと認識して、職場で陰口を叩かれても、「すべての人が味方ではない」とあらかじめ考えておこ…

「陰口を叩かれたら笑顔で余裕を見せよう」

波瀾万丈の女たち女の好きな黒い陰口 Vol.39【電子書籍】[ 小野拓実 ] 陰口を叩く人というのは、その対象者が辛そうな態度や、落ち込んでへこんでいる姿を見たくて仕方がないのだ。 だから陰口をどんどん叩いて優越感に浸る。 相手に陰口を叩かれて、段々と…

「陰口を叩かれたら周りの人を味方につける」

「図解」他人を攻撃せずにはいられない人 職場、家庭の困った人から身を守る処方箋40 「害に [ 片田珠美 ] 陰口を叩かれたら、周りの人を味方につけるべし。 例えば、いつも陰口を叩いている人がいるとする。 そういう人は、必ず周囲からも嫌われているだろ…

「陰口を叩かれても自分を責めない」

職場の人間関係は自己肯定感が9割【電子書籍】[ 工藤紀子 ] 陰口を叩かれると、自分が悪いと感じ、錯覚してしまう事があり、自分を責める人もいる。 だけど、陰口を言う人というのは、正面きって悪口を言わない、いや、言えないのである。 これは、相手の心…

「陰口を叩かれても気にしない」

身近な人の「攻撃」がスーッとなくなる本 上司・友人・家族・ご近所… [ 水島広子 ] 陰口を叩かれたら… まずは、基本的に気にしない、という考えをしっかり持つべきかと考える。仮に、自分が陰口の対象となった場合、その対処方法を巡らし、この「基本的には…

「話をそらす対処法」

話し方で損する人、得する人【電子書籍】[ 本郷陽二 ] 話をそらす対処法とは? 確かに、話を受け流すのも対処法のひとつだろう。でも、そこから更に、「話をそらす」というテクニックがある。 これは、覚えておきたいテクニックかと思う。 例えば、音楽セン…

「陰口を叩く人とは距離を置く」

コーチングのプロが教える 「また話したい」と思ってもらえる会話術【電子書籍】[ 滝井 いづみ ] なるべくならだがの話だが… 普段から陰口を叩いている人とはなるべく距離を置くようにしたい。 うまく距離をとることが出来れば、あまり会話やコミュニケーシ…

「陰口を叩く人への対応」

ウザいあの人を一瞬で手なずけるオトナの社交術 [ バルバラ・ベルクハン ] 陰口を叩く人へ対応するとき、一体どうしたらいいのか…その対処法を考える。 陰口を叩く人の心理や特徴を踏まえた上で対処法を打ち出していこう。 例えば「同意せずに受け流す」とい…

「いじめを受けた事があると陰口を叩くのか?」

【中古】 知らずに他人を傷つける人たち モラル・ハラスメントという「大人のいじめ」 / 香山 リカ / ベストセラーズ [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】 「いじめ」は、とても卑劣な行為であるし、受けた側は、トラウマにだってなる事がある。いじめ…

「陰口を叩く人は陰口を叩かれたくない」

陰口を叩かれたくないと思っている人は、実は、陰口を叩く人の事だ。 以外と思うかも知れないが、結局、陰口を言う人が一番、陰口を言われないかを、気にしている。 それは、陰口を叩く人は自分に自信がないからで、他人を下げることで自分を押し上げようと…